MENU

HANAオーガニックのコスメで肌が悪化することもある?その落とし穴とは?

HANAオーガニック,落とし穴

 

HANAオーガニックは、肌への刺激が強い化学成分を使用せず、天然成分のみを使用したオーガニックコスメ。

 

MYLOHAS乳液部門大賞受賞、@コスメランキング1位の実績を持ち、オーガニックコスメとしては日本国内でもトップクラスの人気を持っています。

 

みなさんにとっては「オーガニックコスメ=肌に優しい」というイメージをお持ちだと思いますが、実は一概にはそうとは言えない場合もあります。

 

HANAオーガニックのコスメを使ったら肌荒れした!

 

という口コミも意外と多く、そこには落とし穴があるようです。

 

オーガニックコスメの持つ毒性、危険性について知っておくべきことをご紹介します。

 

オーガニック=安全とは限らない?

オーガニックコスメとは、石油などを原料とする合成成分を使用せず、植物などから抽出した成分で作られた化粧品です。

 

天然の植物だから安心と思われがちですが、天然の植物にも毒があることは、皆さんご存知のはず。

 

植物の多くは、身を守るために多かれ少なかれ毒を持っており、その毒性が人間にアレルギー反応を起こすことも少なくありません。

 

オーガニックコスメは合成成分を使わず天然成分で作られているからこそ、天然の毒を排除しきれないという落とし穴もあるのです。

 

草むらを歩いただけで脚がかぶれてしまう人がいるように、オーガニックコスメで肌がかぶれてしまう人も、一定数存在します

 

肌が健康な人なら、多少のアレルギー物質も角質のバリアによって弾き返してしまいますが、重度の敏感肌やアトピー性皮膚炎など、肌のバリア機能が壊れてしまっている人の場合、オーガニックコスメを使用すると却って症状が悪化する場合もあります。

 

このような場合は化粧品の使用を中止し、皮膚科医で処方されるステロイド外用剤やワセリンによって徐々に肌を治療していくことが必要です。

 

オーガニックコスメで肌が鍛えられることも

HANAオーガニックでも、「使ってすぐに肌荒れした」という口コミがある一方「それでも使い続けていたら肌の調子がすごく良くなった」という声も多くあります。

 

これは一体どういうことでしょうか?

 

今まで合成成分がメインの化粧品を使っていた方にとって、HANAオーガニックの花精油などの天然成分は、受け入れた経験のない物質です。
このように今まで知らなかった物質を肌に塗ったことで、身体がビックリして防御反応を示したことが、肌荒れの原因と考えられます。

 

これは免疫の過剰反応で一種のアレルギーなのですが、天然成分というのは人間が地球に誕生して以来ずっと一緒にあったものですから、本来は正常に代謝する機能が備わっているはずです。

 

このため、ある程度の期間継続してHANAオーガニックを使っていると、身体がその物質に慣れて受け入れられるようになるため、肌荒れも収まり、逆に肌が鍛えられて多少のことでは肌荒れもしなくなるのです。

 

このように、オーガニックコスメ=肌に優しいとは言えないものの、合成成分になれた肌に天然成分の刺激を与えることで、本来の肌の強さを取り戻すという効果もあるのです。

 

都会暮らしに慣れて免疫力が落ちた子どもが、田舎に引っ越したら最初は体調を崩したものの、数年後には丈夫な風の子に成長したというイメージでしょうか。

 

HANAオーガニックで強くなる

 

今回の記事をまとめると…

 

・重度の敏感肌・アトピーの方はオーガニックコスメは避けて皮膚科にかかったほうが良い

 

・そこまで肌が弱い自覚がなかった人は、オーガニックコスメでさらに肌が鍛えられる事もある

 

 

オーガニックコスメ=絶対優しい
ケミカルコスメ=絶対悪い
このように決めつけてしまうのではなく、それぞれの良さを活かして自分の状況に合った化粧品を選択していくことが重要ですね!


HANAオーガニックの7日間トライアルセット

5商品が1,480円♪

HANAオーガニック,落とし穴