MENU

オーガニックコスメの定義ってなに?見分け方とは?

オーガニック,成分,効果

 

日本では「オーガニックコスメ」という表現に対する規制が存在しないため、どんな化粧品でも「オーガニック!」と謳うことが出来ます。

 

石油成分がバッチリはいっているのに、ほんの少しオーガニック成分が入っているだけでも「オーガニック化粧品!」と書くことが出来るのです。

 

このような製品を見分けるために、本来の「オーガニックコスメ」の定義と、オーガニックでない化粧品成分の簡単な見分け方についてご紹介します。

 

オーガニックコスメの定義とは

日本では気軽に名乗られていますが、「オーガニックコスメ」とは、そもそも世界にいくつかあるオーガニックコスメ認定団体から正式に認証されたコスメのことを言います。

 

そのため、団体によってオーガニックコスメの定義は微妙に異なっているのです。
しかし、すべての団体で共通する定義は、以下の2点です。

 

 

  • 石油由来成分を一切使っていないこと
  • 植物原料のうち少なくとも半分以上がオーガニック(無農薬)栽培のものを使っていること

 

この2つの条件を満たしていないと、本来は「オーガニックコスメ」を名乗ってはいけないはず。

 

お手持ちの化粧品の成分をチェックしてみましょう!

 

化粧品の箱の裏側の成分表示を見る

化粧品の箱を裏返してみると、大抵の場合「原材料名」としてカタカナが大量に並んでいますよね。
小さな字で舌を噛み切りそうなカタカナの羅列は、見ただけで拒否反応を起こしてしまいそうですが、オーガニックかそうでないかを見分けるにはチェックが不可欠な場所。

 

ここでは、「この文字を見つけたら要注意!」という成分を紹介します。

 

パラベン

「パラベン」は、厚労省が指定した「旧表示指定成分」のひとつです。
「旧表示指定成分」とは、人によってはアレルギー反応を起こす成分として指定されたもの。

 

もちろん、ほとんどの人には全く問題なく使えるもので、現在でも化粧品だけでなく医薬品や食品でも利用されています。

 

しかし、それでも「人によってはアレルギー反応を起こす」事が医学的にもわかっているものですので、敏感な方は避けたいところですよね。

 

なお、この「旧表示指定成分」を使用していない化粧品は「無添加化粧品」と謳う事が出来ます。

 

フェノキシエタノール

前述のパラベンは、雑菌の繁殖を防ぐ防腐剤として使用されるものです。
「旧表示指定成分」を使用せずに、無添加化粧品として作られた化粧品には、パラベンの代わりに「フェノキシエタノール」が防腐剤として使用されます。

 

しかし、このフェノキシエタノールも石油から作られた成分であることには変わりません。

 

また、パラベンよりも刺激が少ない代わりに「配合量が多くなる」というデメリットもあります。
フェノキシエタノールは防腐剤としての効果がパラベンよりも低いため、配合量を多くしてそれを補っているのです。

 

石油由来成分に敏感な人の場合、フェノキシエタノールでも不具合が起きることがあります。

 

オーガニックコスメの場合、防腐剤としては「ダイコン発酵エキス」や「クマザサエキス」などの天然の抗菌成分が利用されます。

 

ジメチコン、シクロメチコン

これらの成分は、いわゆる「シリコン」の一種です。
化粧品にシリコンを配合する目的は、「滑りを良くして使用感を良くするため」です。

 

しかし、シリコン成分は肌の残留性が高く、表面に膜を張ることで美容成分などが浸透しにくくなると言われています。

 

そもそもシリコン自体には美容効果は全く無く、化粧品に使われる場合は「使用感を高める」「テクスチャにツヤを出す」「テクスチャの泡立ちを防ぐ」など、どちらかというとメーカー側のイメージ戦略のために配合されるものです。

 

「肌の健康を害する成分を、使用感のためだけに配合する。」
のでは本末転倒。

 

シリコン自体は悪いものではなく、場合によっては有用ですが、スキンケア化粧品には必要ないものでしょう。

 

 

 

簡単にはなりましたが、化粧品の原材料名でチェックしたい成分をご紹介しました!

 

他にも調べだしたらキリがないのですが、ひとつのご参考になれば幸いです♪


HANAオーガニックの7日間トライアルセット

5商品が1,480円♪

オーガニック,成分,効果